おもちゃの起源と歴史について

おもちゃの起源については、古くには手に持ち遊ぶものという意味で「もてあそび」というようになりました。
その後、平安時代に「もちそび」と呼ばれるようになり、近世では「もちゃそび」になりました。
それから、「もちゃ」と簡略されてその、「もちゃ」におがついて「おもちゃ」になったというのがおもちゃの語の起源になります。
玩具の起源は非常に古いです。
先史時代に大人が用いていた宗教の祭祀や生活の様々な玩具を子供に下げ与えていたのが始まりです。
そんな玩具の歴史についてです。
昔は、あやとりやおはじき、ビー玉、折り紙、コマ、凧、竹馬、けん玉など、その殆どが手作りできるものでした。
この昔懐かしい玩具はコミュニケ-ションにも役立ちました。
その後は、ブリキ製の玩具が欧米から輸入されるようになりました。
メンコやベーゴマもその後に流行しています。

昭和21年に子供に玩具を与えようという嘆願書が出されてからは、セルロイドやぜんまい玩具など国産の玩具が輸出されるようになりました。
その後は、国産プラスチック製玩具がたくさん製作されるようになりました。
その後は、ホッピング、フラフープが大流行しました。
昭和37年には玩具ショーが開催され、その当時にスーパーボールがアメリカから来て大流行でした。
それから2年後に大人気だった、りかちゃん人形が流行しました。
その後はオセロゲームやスライムが流行しました。
それからファミコンが発売されてゲーム系の玩具が流行するようになりました。